どちらかというと益虫です|今以上に繁殖させたくないならダニ退治を専門の業者へ依頼する

今以上に繁殖させたくないならダニ退治を専門の業者へ依頼する

ウーマン

どちらかというと益虫です

レディ

スズメバチとの違い

アシナガバチは、日本に広く分布していて、どちらかというと益虫に分類されます。スズメバチ科に属していますが、スズメバチに比べると小型で細身であり、攻撃力は強くありません。しかし同じ科に属しているだけあって、スズメバチとの共通点もあります。例えば他の昆虫の幼虫を捕らえて、アシナガバチの幼虫の餌とするため巣へと運ぶ点があげられるのです。凶暴性で知られるスズメバチと違って益虫とされるのは、農作物などに被害をもたらす蝶の幼虫や、毒を持った蛾の幼虫を食べてくれることにあります。このためアシナガバチ駆除を、しないと決めている市町村も増えてきているのです。ただし、比較的おとなしい性格で知られるアシナガバチでも、巣にいたずらをしたり直接攻撃されれば攻撃し返されます。

素人でもできる駆除の方法

アシナガバチ駆除をするかどうかは、市町村によっても対処の仕方は違ってきます。どんなに性格がおとなしいアシナガバチだとしても、身近な場所に巣を発見したら、穏やかではいられないのが人間心理ではないでしょうか。自宅の敷地内でもし、巣を見つけたとしてそのままにしておける人は、少数派でしょう。アシナガバチかどうかの確認が難しい場合には、最寄りの保健所か自治体へ相談してみるのが賢明です。自治体がアシナガバチ駆除は、していないと結論を出しても専門の業者に依頼することもできるので、憂いる必要はありません。やってみる勇気があるのなら、素人でもアシナガバチ駆除をできるやり方があるので、書いておきます。風のない日を、選んで殺虫剤を散布すると、親蜂が逃げだすのでその間に巣をもぎ取ってしまうのです。少々乱暴なやり方ですが、巣がなくなれば親蜂もやがて姿を消してしまいます。しかし、アシナガバチ駆除を個人で行うにも危険が伴う場合があります。それを回避するためにも、プロである専門業者に依頼するようにしましょう。専門業者へ依頼する際は、信頼できる業者選びが重要となります。そのため、複数の業者に見積もりをしてもらい、それぞれの内容を比較した上で選ぶとよいでしょう。プロの専門業者に、アシナガバチ駆除を行なってもらい、安心できる生活を取り戻しましょう。